岩淵大殿


■岩淵大殿とはどのような人物か

 

岩 淵 大 殿(いわぶち たいでん)[1889~1974]

日本学術会議名誉会員 科学者 宗教哲学者 歯科医師 精神科

国内初の歯科医師会を創立 日本発の小学校医

 

歯科医師〈社会歯科学の第一走者〉であった岩淵大殿は数理学等を研究して宗教哲学者であり、有機集合論よりなる人間精神の解明にあたり、人体姿勢生理と精神関係における研究を進め「人体三角原理」を発見した。これらの学説は各学会に於いても高く評価され、多くの有識者等にも影響を与え、当時日本国天皇ノ前における「御前講義」のはこびの段となり、その後「日本学術会議」の名誉会員となる。

 

 

経歴 

 

明治二十二年……長野県に生まれる。

大正七年…………歯科医師免許取得

大正九年…………東京府下八郡八王子歯科医師会理事

大正十二年………日本大学法律専門部卒業

大正十四年………小学校における歯倹の必要をとき、日本で始めての小学校医となる。名誉歯科町医を受ける

昭和二年…………目本歯科医師会委員 以後、理事等を得る。

昭和八年…………東京帝国大学医学部生理学校室(永井潜博士)幹事及び評議員、のち主事となる。

昭和九年…………東京帝国大学内「日本民族衝生学会」幹事

昭和十一年 ………当代稀有の芸術家集団東京代々木倶楽部会員となる。

昭和十二年………帝国大学総長「井上仁告博士」を会長に「優生生活協会」設立

昭和十三年………比頃より、医事倫理医学及び数理学よりなる彿教哲学の研究に没頭す。

昭和十四年………東京に於いて大日本科学正坐身心改善協会のもとに正坐道湯が開かれ、その教道錬成が行われる。

昭和十五年………「人体三角の発見とその喜び」を著述し、一躍有名となり「大殿姿勢学会」設立される。

昭和二十年………日本國天皇ノ前における「御前講義」

昭和二十五年……第五期「日本学術会議」会員となり、以後名誉会員

昭和二十六年……「大殿哲学」著述・講演

昭和三十三年……「世紀姿勢蔓茶羅」全八幅 大殿哲学をこの中に集積す。

昭和四十九年……三月一日 八十五才にて永眠